×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子供医療保険と子供傷害保険

子供のための保険には、教育費確保の学資保険と子供のケガや病気のための医療保険があります。
保険加入には、既に入っている親の保険に家族特約として追加加入する方法と、子供を被保険者として、新しく子供の医療保険に加入する方法があります。家族特約として追加加入する場合は、子供の人数で保険料は変わらないですが、子供が被保険者の場合は、子供の人数分保険に加入する必要があり、子供の多い家庭では、家族特約で加入した方が良いかもしれませんね。子供医療保険には一定期間保障の「子供定期保険」と、生涯保障される「子供終身保険」があります。
子供定期保険は、終身保険よりも保険料は少し低いですが、将来子供が成人してから新たに本人が保険に加入する場合、継続加入できる終身保険の保険料が安くなります。
子供のケガのみが保障される子供傷害保険もあります。
活発な男の子の家庭では、子供傷害保険を加入している人が多いようですよ。
スポーツをしている子供が大人になっても続けていく場合は、加入時に、過去のケガについて確認されることがありますので、加入できる時に傷害保険を加入しておけば、将来役立つ時がきますよ。
>>こども保険を楽天で見る

子供の医療保険より親の医療保険

貯蓄だけではなく、医療保障の面でも充実させた学資保険がいろいろな保険会社から出ています。
医療保険の必要性は、病気やケガで入院や手術が必要になった時、健康保険などでまかなえない部分や、入院費の負担を低減させるものですね。
子供が医療保険に加入する前に、世帯主が病気などで入院となると、経済的負担が大きいですので、親が医療保険に加入しておく必要があります。
さらに、お母さんが入院となると、家事のことや、ベビーシッターが必要になったりする場合もあり、いろいろなことで経済的負担が生じますから、子供より先に親が医療保険に入っておく必要があります。
親が医療保険に加入していない場合でも、医療保険付の学資保険であれば、べつべつに保険に入るよりも保険料も安くなりますので、医療保険付を検討する必要はあります。
現在は区市町村によっては、少子化対策で子供の医療費に対して、就学前児であれば、健康保険による診療を受けた保険診療の自己負担分が助成されます。
お住まいの地域によっては、お子さんが小学生や中学生まで、医療費の助成が受けられる地域もありますよ。
楽天の医療保険情報を見る

子供の医療保険による経済的負担の低減

現在、子供の医療費の一部は、市町村から助成金の受給ができ、子供の入院する機会も少ないことから、子供のために医療保険の加入は、必要ではないと考えられていますし、両親の保険の家族特約に入る方法もあります。
夫婦共働きの家庭や片親の家庭では、子供が病気やケガで入院や手術が必要な時に、看病や、病院で付き添ったりすることができなくなる場合があるため、子供の医療保険がありがたくなるのです。
病気やケガをした子供に付き添うためには、仕事を休まなくてはなりません。
有給休暇で対応できればいいですが、長期入院や、入退院を繰り返す場合などでは、仕事を長期に休むことで、経済的負担が大きくなります。
子供の医療保険はこのような状況でも、経済的な負担を軽くし、安心して子供の看病ができるシステムになっています。
専業主婦の家庭でも、兄弟が多い場合、1人の子供が入院することによって、いろいろな影響が家庭の中に起こりますね。
経済的な負担を少なくしたいと考える家庭では、子供の医療保険を検討されてみてはどうでしょう。

Copyright © 2008 子供の医療保険で経済的負担の低減と安心